【証券監視委員会は刑事告訴すべきとの立場を崩さないが、検察が動こうとしない】東芝、400億円粉飾の疑い!

スポンサーリンク

・東芝の不正会計問題で、2014年3月期までの3年間で400億円規模にのぼる決算の粉飾をした疑いがあるとする調査結果を証券取引等監視委員会がまとめたことが関係者への取材でわかった。

・監視委は、歴代3社長が不正会計に関与した疑いが強いとみている模様だ。

・監視委はこれまでも刑事告発の意向を示したが、昨年7月に東京地検から「立件は困難」との意見を伝えられたため、歴代3社長ら関係者を任意で聴取するなどしてさらに調査を進めた。

・その結果は退任した佐渡賢一・前委員長の下でまとめられ、12月に就任した長谷川充弘委員長に引き継がれた。他の委員2人も交代したため、新体制で改めて精査した上で方針を決め、検察に調査内容を報告するとみられる。



ネットの反応

・東芝終了のお知らせ

・ここまでくると東芝に対する東京地検の及び腰に笑うしかないなあ 

・前から報道されてたPC事業の粉飾調査の結果が出たって話だと思ふが新しく出てきた話みたいになってる気がするな。 告発に向けて話が進むってことなんかな。 

・これまだまだ株価下がりそうね笑

・正月の変な時期に追い打ちをかける記事。 

・ああ、また電車が止まりますねぇ…… 

・粉飾決済でホリエモンは実刑判決をうけたわけだから、クロの場合、東芝も当然幹部が投獄されるんですよね?

・東芝wwww 草生えて芝一面状態wwww 

・証券監視委員会は刑事告訴すべきとの立場を崩さないが、検察が動こうとしない。この国はどうなっているんだろう? 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加